お知らせ

お知らせ

  • 2017/10/21
  • [ケー・エム・エスからのお知らせ・モータースポーツ参戦記]

「GAZOO Racing 86/BRZ Race」 第9戦鈴鹿サーキット

皆様!お待たせしました!! 
10/21、鈴鹿サーキットにて「GAZOO Racing 86/BRZ Race」第9戦が開催されました!

今年のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceも残す2戦までシリーズチャンピオンが分からない。 
86/BRZ ワンメーク史上もっとも激戦した世界一のワンメークレースと考えられます。
又、タイヤ戦争も前戦からヨコハマがニュータイヤを、ここ鈴鹿から3メーカーがニュータイヤ
(ブリジストン・ダンロップ・グットイヤー)を投入、
GT300/500レース級のタイヤメーカーの争いも白熱し、注目した第9戦になりました。

●プロフェッショナル        
≪予選≫         
迎えた予選は前日からの雨と台風21号の接近により、激しい雨の中のタイムアタックとなりました。
♯31青木孝行選手はクリアを取るために1番手でコースイン、しかし雨脚が徐々に強くなり、
思うような走りが出来ないまま予選第12位で終わってしまいました。(悔しい!)         
≪決勝≫         
予選終了後、10/22(日)は台風21号の接近による天候悪化とコースコンディションの悪化が予想される事から
鈴鹿サーキット側より、明日のレースは全て中止の報告がありました。(残念!!)         

    

●クラブマン        
≪予選≫         
クラブマン予選も雨なか2組目でアタック開始。
1コーナー進入で水しぶき、後続車は視界が遮られ 厳しいタイムアタックになりました。         
予選開始から本来の走りが出来ないまま中盤で、赤旗ペースカーが入ってしまい、
残り時間6分でレース再開しましたが、         
タイヤが冷えてる状態からのタイムアタックは更に厳しいレース展開になってしまい、
まさかの予選落ち第33位になってしまいました。         
≪決勝≫         
クラブマンBはワンデーのため、気持ちを入れ替え決勝に臨みました。
本来の位置からのスタートではない事から力が入り過ぎてしまい、
まさかのスタートミスで失速、更に後退してしまいました。
その後、落ち着きを取り戻し安定した走りで確実に順位をあげ、
クラブマンBグループ第21位でゴールとなりました。(頑張れ洸太!!!) 

    

≪2017/12/9.10 第10戦富士スピードウェイ最終戦≫         
プロフェッショナル第9戦鈴鹿は中止となり次戦にシリーズチャンピオンは持ち越されましたが、
ポイントランキング6位までの選手には、まだシリーズチャンピオン可能性があり、我ら青木孝行選手もその一人です。         
KMSは最後まで諦めてはいません。是非最終戦を一緒に、大応援団と共に応援をして、
熱い最高なレースとシャンパン美酒に酔えたら幸いと考えておりますので、応援のご参加をお待ちしております。

その他のお知らせ

お問い合わせ

製品に限らず弊社のことであればお気軽にご連絡ください。

  • 048-851-5888
  • メールでのご連絡