お知らせ

お知らせ

  • 2018/09/26
  • [ケー・エム・エスからのお知らせ・モータースポーツ参戦記]

「GAZOO Racing 86/BRZ Race」第8戦ツインリンクもてぎ

第8戦はツインリンクもてぎが舞台。
今戦は2013年にスタートしたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの50戦目の記念大会となる。
ケー・エム・エスは、今年2回目の「大応援団」の参加が決まっており、
社内でもここ数週間毎朝応援の練習をするなどし、今年最大級に期待が膨らんでいた。

 

 

プロフェッショナルシリーズ

≪予選≫
十勝ラウンドで復活を遂げ、再び注目の的となっている青木選手。
第8戦の予選は、序盤は密山選手と菅波選手が1位2位に浮上。
その後、年間優勝が懸かっている谷口選手や佐々木選手がアタックに入ったが、
ミスやマシントラブルにより事実上のリタイアに!そこで見せてくれたのが我らが青木選手!
2分18秒179と約0.4秒2位から突き放し、十勝ラウンドに続き再びポールを獲得した!

≪決勝≫
迎えた決勝は、スタートダッシュを青木選手が見事に成功。
そのまま2位の密山選手を突き放すかと思われたが…前節に続きマシントラブル発生・・・
十勝の第7戦で起きたエンジントラブルと同様の症状が起きてしまい、あえなくピットイン・・・
その後のレース展開は、菅波選手が密山選手を抜き1位に浮上。続いてベテラン勢である脇坂選手と
服部選手が貫禄のある走りを見せ、2位と3位に。いつもと違う顔ぶれが並ぶ表彰台となった。

 

 

●クラブマンシリーズ

≪予選≫
我らが北見洸太選手ですが、専有走行ではなかなか良いタイムが出ず、波に乗り切れていない印象だった。
しかし!彼は自分が思っている以上に成長をしていた。本番の予選では2分21秒156といきなり首位に・・・
その後、中島選手と水谷選手に抜かれるが3位で予選終了!(スタートグリッドは5位)周囲の下馬評を覆した!

≪決勝≫
迎えた決勝は、スタートダッシュに成功し4位に浮上!夢であった表彰台が目の鼻の先に!
しかし!レースはやはり甘くなかった。先頭集団の洗礼を受けることになる...
その後3位に徐々に離されたため、まずは4位を死守したい北見洸太選手だったが、
ディフェンディングチャンピオンである神谷選手に後方から追突され、事実上のリタイアに・・・
トップクラスの洗礼を肌で感じる苦い思い出のレースとなってしまった。

 

 

≪まとめ≫
今回のツインリンクもてぎ戦では、予選である初日はかつてないほどの良い結果であり、良い雰囲気であった。
決勝は更に良い結果になると誰もが予感していたが・・・まさかの2台とも事実上のリタイヤとなり、、
まさに天国から地獄を味わうことになってしまった・・・
しかし!間違いなく実力は上であることを証明している。あとは少しの運と31号車気分屋86の気分次第か・・・・
次戦の鈴鹿サーキットで今シーズン最後のレースとなるため、最後に必ず良いレースを見せます!
KMSではこれからも「記録」より「記憶」に残るレースを目指して日々推進して参ります!
皆さん今後とも応援の程、宜しく御願い致します。

 

その他のお知らせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
TEL.048-851-5888
(受付時間:平日9時~18時)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせページへ